たった2人で1000戸以上のコンテナを運用する秘訣(ユアスペース圓谷様)

  • LINEで送る
S

ニコニコトランクを運営するパルマでは多くのトランクルーム事業者の方とお付き合いさせて頂いております。そんな中で、トランクルーム事業をこれから始める方に実際の生のお話をお伝えできればと思い、社長インタビュー企画をスタートいたしました。

今回は、横浜、川崎、千葉、東京、福島、水戸でトランクルームを運営されるユアスペースエンヤの園谷社長にインタビューさせていただきました。

起業の始まりは脱サラから

編集部:なんと圓谷社長は47歳で脱サラをし自身の退職金を元手にユアスペースさんにコンテナ事業を教えてもらい会社を立ち上げたとお聞きしました。すごい覚悟と勇気が必要だったでしょうね。なぜ社長はこんな思い切りに出ることができたのでしょうか??

園谷社長:実は、もともと両親が商売をやっていのが大きいかもしれません。昼夜問わず働き、どんな時でも低姿勢な姿に憧れがりました。

編集部:かっこいいですね。

園谷社長::そんな両親の姿を見て育ったせいか、すでに学生時代には起業することは苦労することを理解してました。両親の姿を目標に、あきらめることなく、ここまで努力を継続してきました。

コンテナ事業の立上げから17年。当初はかなり苦労した

園谷社長:当時は「コンテナってなに?船の上に乗ってるやつじゃないの?事業用じゃないの?」といった声が多く、業者さんが利用するといった目線が強い時代であったため中々空室が埋まらず、軌道に乗るまでに時間が掛かってしまいました。

編集部:現在と比較すると、やはりだいぶ認知度は低かったんですね。

園谷社長:そんな時代もありましたが、現在では、基本的なやり取りが電話、契約書もFAX等でどこにいても対応でき、時間調整がとても容易なコンテナ事業は、プレイヤーが徐々に増えてきています。どこで差別化を図るかがポイントになりますね。

安心安全を意識したコンテナ事業

編集部:なるほど、では圓谷社長はどういったサービスに力を入れているのでしょうか??

園谷社長:まずは「安心!!安全!!」ですね。

編集部:ん?コンテナの安心・安全とは?

園谷社長:ユアスペースエンヤでは、コンテナ全物件を鉄骨で組んでおり、耐震補強をしています。

編集部:すごい努力ですね!

園谷社長:実は以前、利用者様が車を40~50㎞で突撃してしまったことがあったんです(アクセルとブレーキを間違えたらしいですが)。安心安全にこだわったコンテナのおかげで、10cmほど動いたのみで、2階コンテナ部分も特に問題は無かったです。

編集部:すごいスピードがでますね。コンテナが落ちてきていたら、大変なことになっていましたから、安心・安全も頷ける結果ですね。

もう一つはコンセント付物件を拡大

園谷社長:もう一つのこだわりとしては、実はコンセント付物件もあるですよ。

編集部:え、荷物を預けるコンテナにコンセントですか?

園谷社長:職人さんなどの利用も多いのですが、電動工具を預ける際に、充電を自由できると喜んで頂けるかなと思いまして。

編集部:それは、優しい!!なんて優しい人なのか!!圓谷社長は、ほんとに利用者様のためを常に思って事業を行っているのですね。
商人の鏡です!!!

圓谷社長に聞く、今後のコンテナ事情

園谷社長:今後はコンテナは増えていかないかもしれないですね。

編集部:え!参入障壁がひくくなっているのにですか?

園谷社長:そうなんです。昔と異なり、現在はコンテナの規制が厳しく、建築確認を取らなければ行政からの指導を受けるところも少なくありません。建築確認を取れば良いんですが、取ろうとするともちろん費用もかかってしまいます。費用が追加されると当初の土地では利益が合わなくなってしまうことも多くなっています。

園谷社長:また、地主さんに土地をお借りする際も、定借では不安で貸せないですよね。加えて人口の減少も避けられないとあれば、今後はコンテナの需要ではなく、それ以前の高い壁が存在してしまっているのが現状なのかもしれません。

編集部:では、圓谷社長は今後ビル型トランクルームを検討されたりするのですか?

園谷社長:参入者が多いからやらないと思います。

編集部:ではもう物件自体増やしていかないのでしょうか?

園谷社長:現在は2人で1,000戸以上ものコンテナ事業を行っているですが、今後は後継者を育てていくのが目標にしています。

編集後記

後継者育成を目標という圓谷社長ですが、現在は趣味であるゴルフと週一でテニススクールに通っているようです!!
すごい元気ですね。私も見習うべきところがいっぱいです!!

コンテナ事業はお二人で1000戸を管理できるほど、効率的なビジネスということがナマの声でお伝えできたかと思います。
丁寧に対応して頂いた圓谷社長に感謝しきれません!本当にありがとうございました!!
それでは!!まだまだこの企画続きますので!次回も宜しくお願い致します!!

ユアスペースエンヤの公式HPはこちら

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。