トランクルームの違約金とは?キャンペーンなどによる契約期間の縛りを解説

  • LINEで送る

トランクルームを利用するとなると、気になってくるのは初期費用や賃料といった費用面。
そうなると、やはりお得に借りることのできる「キャンペーン」を設定している物件に目が惹かれがちです。

ただ、この時に注意しなくてはいけないのが、キャンペーンによっては「利用期間の縛り」が設けられていることが多々あります。
実は、キャンペーンによる「利用期間の縛り」があることで、『希望していた期間よりも長く借りなくてはならなくなってしまった』『想定していた予算を超えてしまい、お得に利用できなかった』といったことも起こりえるのです。

今回はそんなトランクルーム契約の際に気を付けておきたい、キャンペーンによる「利用期間の縛り」にフォーカスしていきます。

「キャンペーンによる利用期間の縛り」とは?

トランクルームのキャンペーンには、適用する条件の一つとして、一定の期間トランクルームの賃貸借契約を継続することを条件としているものが間々あります。
「キャンペーンによる利用期間の縛り」とは、この適用条件に定められた”契約を継続しなくてはならない最低利用期間”の事を指します。


例えば、キャンペーンで「6か月以上ご利用の方限定」等、最低利用期間を設けている場合があり、最低利用期間以下の期間で解約した場合には違約金を請求すると提示していることもあります。
トランクルームの賃貸借契約は、約款内で解約を希望する1~2ヶ月前に予告することで、中途での解約を認めているケースが一般的です。


しかし、「キャンペーンによる利用期間の縛り」がある場合、その期間は中途解約を行うことができない、あるいは違約金を支払わなければ中途解約はできない、ということになります。
そのためキャンペーンの適用を受ける場合には、「キャンペーンによる利用期間の縛り」を理解した上で、自分自身が必要とする利用期間と照し合せて超過していないか、最大でどれくらいの違約金が発生するのか、といったことに気を配り事前に確認しておくことが大切です。

「キャンペーンによる利用期間の縛り」があるトランクルームってどれくらいあるの?

実際にどれくらいのトランクルームで「キャンペーン」が実施されているのか?
「キャンペーンによる利用期間の縛り」があるトランクルームがどれぐらいあるのか?

今回、弊社では約1600物件のトランクルーム(コンテナ・屋内トランク・バイクボックス)を対象に、「キャンペーンによる利用期間の縛り」について、独自の調査を実施してみました。

その結果、図の通り『キャンペーンありの物件は全体の”約6割”』『キャンペーンなしの物件は全体の”約4割”』という結果になりました。

キャンペーンあり物件をさらに細かく見てみると、半分以上の物件は何かしら「キャンペーンによる利用期間の縛り」を設けているのが見て取れます。
設けている場合の期間としては、最も短いもので『2か月』、長いもので『13か月』の縛りを設けている物件がいました。
一番多く設定されている期間は『6ヶ月』で、約1600物件のトランクルームのうち約3割を占めるという結果になりました。

違約金を支払わないとどうなるの?

「キャンペーンによる利用期間の縛り」未満で解約する場合に、気になるのが違約金です。
違約金も「残存している契約期間の賃料相当額」や「割り引かれた金額」、「一定の金額」といったように、トランクルームごとに様々な違約金額が設定されているので、事前に条件をしっかりチェックしておきましょう。

うっかり違約金の存在を見落としていたからといって、踏み倒しするのだけは絶対にしないようにしましょう。
トランクルームの契約を解約が完了するためには、

  • 「決められた解約の書面等の手続きの意思表示を行う」
  • 「トランクルームの中を空にする」
  • 「鍵を返す(貸与を受けている場合)」

といった流れが一般的です。

しかし、違約金が発生する場合、さらに「違約金を決められた日までに入金する」という条件が付けたされている状態です。
違約金を支払わないということは、「解約は成立しなかった」と見做されトランクルームの契約は継続したものと扱われてしまいます。

当然、トランクルームの毎月の賃料が継続して発生するため「未払いの滞納者」となり、債務不履行している者として督促を受けることとなります。
場合によっては、弁護士から法的手続きに則り支払いの連絡が入る可能性もあります。
もちろん、未払いの履歴を残してしまえば、今後トランクルームをまた借りたいと思ったときに、お断りされる可能性もあります。

そういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、キャンペーンがある場合には、きちんと適用条件や違約金の情報を事前に確認しておき、理解した上でトランクルームを契約するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、トランクルームを契約する時に注意するべき「キャンペーンによる利用期間の縛り」についてを詳しく見ていきました。

トランクルームを選ぶ際には、月々の費用やサイズ等確認することが多いですが、キャンペーンの適用条件が自身の希望に合っているかどうかも調べてから、自身にあったトランクルームを借りることをお勧めします。

トランクルームの利用を検討している際には、ぜひ今回の記事を参考にしてもらえたらと思います。

トランクルーム経営マスター講座

当社では、本企画でご紹介している内容はもちろん、トランクルーム業界に関する累計9万件以上の利用者に向けたサービスを提供しております。

これらのサービス提供から培ったノウハウ、情報を元に、すでにトランクルーム事業を展開されているが改善策や新規展開を検討されている事業者様、これからトランクルーム事業に投資をしてみたいと考えている投資家様、トランクルームで空きテナント対策などを検討したいと考えている家主様、にお役立ちいただける情報を提供するセミナーを実施しております。

ご興味のある方は、ぜひトランクルーム経営マスター講座の案内ページよりお気軽にお問い合わせください。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*